昨日の記事(http://hissoribaseball.doorblog.jp/archives/27793149.html)の続き。

今日はパ・リーグ編です!(←コメ欄で指摘があったので直しました
(´・ω・`)

井口資仁













※前回のコメントでマートンは中堅手ではないと指摘がありましたが、
外野手部門は実際のベストナインと同じく外野3ポジションまとめて選出しています。
それで簡単に打順を組んでいるので、実際の外野ポジションとズレがある部分はご了承ください。







5月度パ・リーグ月間ベストナイン打者はこちら!




(中) 陽  岱鋼(日) .378(98-37) 3本 11点 出塁率.408 OPS.938
(右) 内川  聖一(ソ) .378(90-34) 3本 17点 出塁率.420 OPS.976
(一) 井口  資仁(ロ) .315(89-28) 920点 出塁率.357 OPS1.020
(左) 中田  翔(日) .333(84-28) 8本 18点 出塁率.411 OPS1.089
(三) バルディリス (オ) .333(81-27) 5本 19点 出塁率.426 OPS.993
(指) ジョーンズ(楽) .242(66-16) 6本 17点 出塁率.438 OPS.983
(遊) 鈴木  大地(ロ) .274(84-23) 1本 *9点 出塁率.361 OPS.766
(捕) 伊藤   光(オ) .317(63-20) 0本 *0点 出塁率.377 OPS.710
(二) 西川  遥輝(日) .270(63-17) 0本 *5点 出塁率.352 OPS.701






一言寸評。


・・・4月は.214と不調だったが今月固め打ち。12盗塁も決める1番打者らしい働き
内川・・・6年連続打率3割へ、順調にエンジンを掛けて来た
井口・・・毎年のようにこの時期の井口は怖い。どこまで持続できるか
中田・・・アベレージも高くなり、本格的に穴が無くなってきた。打撃三冠は充分に射程圏内
バルディリス・・・打撃好調が続く。死球が多いので怪我なく行ければ。
ジョーンズ・・・打率は2割中盤なのに出塁率は4割超え。威圧感。
鈴木・・・今月から遊撃に定着。ロッテで穴が開きがちだったポジションに収まった。
伊藤・・・打点は0も、下位打線でよく打ち打順を回した。打撃開眼?
西川・・・競争相手の多い日ハム内野陣で台頭してきたのはこの人。田中賢介の後継者らしい成績。







好成績を残すも、ポジションなどの関係で今回惜しくも選外だった3名も紹介!




(外) 長谷川勇也(ソ) .362(94-34) 2本 15点 出塁率.417 OPS.928
(外) 糸井  嘉男(オ) .284(74-21) 6本 17点 出塁率.346 OPS.886
(三) 今江  敏晃(ロ) .341(91-31) 5本 12点 出塁率.388 OPS.926



長谷川・・・派手なイメージは無いが、安定した実績には信頼が置ける。
糸井・・・今月6本塁打。オリックスに馴染んできた印象。
今江・・・様々な打順を経験してきたが遂に4番へ。好調マリーンズ打線を牽引する。




交流戦はパ・リーグが大幅リードする展開、セ・リーグの3位は借金から抜け出せるのかも気になる所。
これからは暑い季節、中南米出身の外国人選手にとっては丁度いい時期?



以上、パ・リーグ5月編でした。