プロ野球は交流戦に突入。

活躍した選手を振り返る事も兼ねて、5月の月間ベストナインをオーダー風に組んでみました。

セ・リーグ4月編
パ・リーグ4月編


中日ルナ













5月度の月間ベストナイン打者はこちら!



(二) 西岡   剛(神) .319(94-30) 1本 *3点 出塁率.387 OPS.791
(遊) 鳥谷   敬(神) .295(88-26) 2本 17点 出塁率.421 OPS.886
(三) ルナ     (中) .402(87-35) 3本 13点 出塁率.441 OPS1.027
(一) ブランコ   (横) .364(77-28) 623点 出塁率.479 OPS1.102
(左) 和田  一浩(中) .333(81-27) 5本 19点 出塁率.419 OPS1.012
(中) マートン   (神) .333(90-30) 2本 11点 出塁率.390 OPS.868
(右) 廣瀬    純(広) .303(66-20) 1本 13点 出塁率.424 OPS.817
(捕) 阿部慎之助(巨) .247(81-20) 6本 13点 出塁率.378 OPS.884





選手毎にちょっとした一言寸評。



鳥谷・・・開幕後は少し低調も今月巻き返し。実績通りの出塁力。
西岡・・・猛虎打線の新たな切り込み隊長は今月も好調。阪神は大きな当たりくじを引き当てたか
ルナ・・・ここまで打率4割をキープ。長打も多く、最も対戦したくない打者であろう
ブランコ・・・率も残せるようになり、いよいよ手が付けられない。本塁打の恐怖からか、四球ペースがさらに増す。
和田・・・来月で(41)とは思えない打棒。ルナと2人で打線を牽引する。
マートン・・・今月も好調、4番としての責務を果たす。去年の不調が嘘のよう
廣瀬・・・今だに出塁率は5割近い。怪我だけが心配
阿部・・・捕手では一人抜けている存在。東京ドームでの対戦は恐怖。





好成績を残すも、ポジションなどの関係で今回惜しくも選外だった2名も紹介してみましょう。


(一) 新井貴浩(神) .373(83-31) 6本 21点 出塁率.459 OPS1.098
(三) 中村紀洋(横) .333(84-28) 4本 17点 出塁率.404 OPS.976



新井・・・絶好調兄。チャンスに弱いなんてもう言わせない。
中村・・・なんとかブランコをやり過ごしてもこの人が塁上をお掃除。DeNAが今の位置にいる原動力。



次回はパ・リーグ編です!